• 統一価格でセットプランの墓じまい
  • 統一価格でセットプランの墓じまい

墓じまいをご検討の皆様に

最近テレビやラジオなどでよく耳にする【お墓じまい】という言葉。 いま、お墓の後継者不足により多くのお墓が無縁化の危機に直面しています。 代々守ってきたお墓を撤去するのは心苦しい、けど無縁化はさせたくない。 お墓じまいは単にお墓や墓石を処分することではなく、無縁化せず永代に渡り供養したいという気持ちの表れとも言えます。

改葬・墓じまいの理由として上げられるのは様々です。

よくある理由

墓じまいでよくあるトラブル

墓じまい(お墓解体、墓石撤去)はトラブルに見舞われる事も多く、中でも多い3つの事例をご紹介いたします。 墓じまいでのトラブルあわないためにはしっかりと親族、業者そして寺院と話し合うことです。

  • 寺院とのトラブル
    お寺から高額な離檀料を求められることがあります。
  • 墓石
    見積り金額と請求金額が異なるトラブルが少なくありません。信頼できる業者と事前にしっかりと見積りまた打合せ等をすることが大切です。
  • 墓石
    墓じまいすると決めたら、まずは親族に相談することが大切です。親族に相談せず自分たちだけで墓じまいするとトラブルに発生していくケースがあります。

「東海墓じまい」が選ばれる理由

  • 現地調査します

    現地へお伺いし、隣接するお墓の状況等の現場調査を行います。

  • 手続きをサポート

    墓じまいに必要な申請手続きをお手伝いいたします。

  • 永代供養・墓地紹介までサポート

    散骨・永代供養や霊園探しもお任せください。

  • 見積後の追加料金不要

    お見積りと了解の無い追加作業のご請求額が違うことはございません!

東海地方の墓じまいの平均費用について

東海地方の墓じまいの平均費用は約18万円から25万円前後です。

墓じまいの総額は主にお墓の広さとお墓の大きさ、また作業環境により異なります。 お墓の面積が小さいほど安く面積が大きくなるにつれて費用が上がります。
また、施工場所の状況。例えばクレーン車が横付けできない場合や重機等が入るスペースがなく手作業での作業となる場合等により金額が大きく異なることもあります。また必ず現地にて見積を出してより具体的なお見積りを出すことが大切です。

「東海墓じまい」での料金について

お墓じまい(お墓解体、墓石撤去)の目安について。

  • 1平米〜2平米
    例:間口1m×奥行1m
  • 2平米〜3平米
    例:間口1.5m×奥行1.5m
  • 3平米〜4平米
    例:間口1.8m×奥行2m

※工事が困難な場合や状況等により金額が変動する場合がございます。また、現地見積後に追加料金をご請求することはございません。

お問合せから墓じまいの流れ

お問合せから墓じまい(お墓解体、墓石撤去)までの手順についてご説明いたします。

まずはお気軽にご相談ください

墓じまいについての判らない事やご質問など何でもお申し付けください。「東海墓じまい」は愛知県三重県そして岐阜県まで無料出張見積が可能です。

現地出張見積

現地にて無料調査をさせていただきます。墓所の状況により金額が大きく異なるため、現地調査が必要になります。

お墓の抜根式

お墓(墓石)を撤去するにはお墓(墓石)から魂を抜かなければなりません。 この際の読経は菩提寺のご住職にお願いいたします。 ※読経を頼めない場合はご相談ください。「東海墓じまい」にてご寺院様をご紹介いたします。

お墓の解体・撤去作業

お墓を丁寧に解体していきます。石塔(墓石)の解体が終わればお骨を取り出します。次に巻石や基礎部分を解体し撤去していきます。撤去後土を入れ整地していきます。その後、石塔やコンクリートを処分いたします。

よくある質問

お問合せから墓じまい(お墓解体、墓石撤去)までの手順についてご説明いたします。

墓じまい(お墓解体、墓石撤去)の見積もりには、費用は掛かりますか?
愛知県岐阜県三重県に無料で出張見積いたします。
見積後のキャンセルは可能ですか?また料金は掛かりますか?
ご契約書にサインを頂くまで、お見積についてのキャンセル料金は一切かかりません。
墓じまいをするか悩んでいます。相談だけでも乗って頂けますか?
相談だけでもアドバイスさせていただきます。まずはお気軽にご相談ください。
墓じまい後の墓地は紹介してくれますか?
東海三県の墓地をご紹介させていただきます。 また、永代供養墓のご紹介もさせていただきます。

お墓を管理できなくなると

例えば、お墓を維持管理していくことが難しい。また、今後そのような状況になるかもしれないという方が「改葬・墓じまい」についてご相談されます。

お墓は、継承して管理やお参りをする人などがいなくなってしまうと、無縁墓という状態になってしまいます。管理などをする人がいなくなってしまったお墓は、雑草が生え、荒れた状態になっていきます。
管理されず無縁墓と判断される基準などは霊園や墓地の管理者により異なります。但し、平成11年改正の「墓地、埋葬等に関する法律」の中で、「無縁墳墓等に関する権利を有する者に対し一年以内に申し出るべき旨を、官報に掲載し、かつ、無縁墳墓等の見やすい場所に設置された立札に一年間掲示して、公告し、その期間中にその申出がなかった」場合にはその手続きをすれば無縁墓を改葬できるようになりました。 この手続きしたお墓は、最終的には撤去され、遺骨は合祀墓により供養されます。

墓じまいをする前にしておくこと

墓じまいをするということを家族親族に相談しておく。

現在のお墓の状況をしっかりと確認しておく。

そして、墓じまい(解体撤去)にかかる費用を把握しておく。

010520更新

運営会社

お墓は持ち主や護る者がいなくなり連絡などもなくなると無縁墓になってしまいます。
その場合、お寺や霊園などによって異なりますが、一定の期間内に持ち主から申し出がなければ、最終的にはお墓は撤去され、他の無縁仏と合祀されることもあります。

御魂抜きをし撤去された墓石は、通常は一般的に石材と同様に産業廃棄物として処分します。

名称 東海墓じまい
事業内容 墓じまい・直葬・家族葬・一般葬
霊柩車の手配その他、葬儀に関する全般遺品整理
フリーダイヤル 0120-133-798
運営責任者 川口 幹夫
対応エリア 愛知県、三重県、岐阜県全域